〒596-0814 大阪府岸和田市岡山町117-5
JR阪和線 久米田駅より車で10分 駐車場3台あり

受付時間

平日9:00~12:00 16:00~19:00(※水曜午後休診)
土曜9:00~12:00
定休日:日曜・ 祝日

お気軽にご予約・お問合せください

072-445-2455

院長あいさつ

院長 貴志 勇一(キシ ユウイチ) プロフィール

院長 貴志勇一
肩書

慢性痛・難治症状専門整体メディカルスペースきし 院長

資格

柔道整復師(国家資格)
日本DRT協会認定スーパーオーソライザー

機能訓練指導員
日本パーフェクト整体普及協会認定モゾモゾ体操指導員

生い立ち
  • 大阪府岸和田市生まれ
  • 小学校時代はとにかく遊ぶ事が大好き。毎日暗くなるまで友達と遊ぶ。
  • 中学校はソフトテニスボール部に所属。高校は大阪府立佐野高校国際教養科に進学し、国際視点を学ぶ。大学は桃山学院大学英語英米文学科。
  • 大学卒業後、整骨院で修業しながら国際東洋医療学院柔道整復学科へ進学。
  • 総合病院勤務時代に妻と出会い結婚。
  • メディカルスペースきしを開院してからは、施術に関する知識・技術を1日2時間以上は学ぶ一方、休日はドライブやアウトドアを楽しんでいる。

 

経歴
  • 2001年3月桃山学院大学英語英米文学科卒
  • 卒業後、修行のため岸和田市の整骨院で働き、一般的な柔道整復術について学ぶ。
    同時に国際東洋医療柔整学院に入学、通学する。
  • 整骨院で実務経験、専門学校で基礎医学、独学で専門書や文献の研究、技術セミナーも多数受講し、平均睡眠時間1日3時間の中で、実務面と知識面の両方を日々研磨する。
  • 2006年2月 国家試験、柔道整復師試験に合格
  • 2006年4月 司光サイエンステクニカルセンターに入職。
    代表(師匠)が、元アメリカの医師。
    アメリカの医療や、日本に修得者が10人いないという特殊整体を学ぶ。
  • 2010年3月 機能訓練指導員養成講座修了。
  • 2011年9月 、某有名総合病院に入職。
    機能訓練指導員として外来に留まらず、入院病棟、介護施設、在宅介護など、日本の現代医療を内科範疇、介護範疇まで学ばせて頂く。
    前勤務先の代表が元アメリカの医師、そしてこの総合病院での現代日本医療の経験が、全国区で見た場合でも、整体師としては唯一無二の経験であると自負している。
  • 2016年4月 慢性痛・難治症状専門整体メディカルスペースきしを開院。
  • 2018年8月 日本パーフェクト整体普及協会モゾモゾ体操指導員免許取得。
  • 2021年1月 日本DRT協会認定DRT整体スーパーオーソライザーインストラクター取得。
  • その他、多数のセミナーや勉強会へ参加。
    また自身でもプロの整体師向けにセミナーを開催し、北は北海道、南は鹿児島まで、多数の先生方が、岸和田の当院まで学びに来て下さっている。そして現在に至る。

 

所属団体
  • 日本パーフェクト整体普及協会
  • 日本DRT協会(スーパーオーソライザーインストラクター)
講演・セミナー開催実績
  • 2019年12月 日本DRT協会主催第5回研究発表会にて講師として登壇。
    以降プロの整体師向けに、多数回セミナーを開催中。

ごあいさつ

慢性痛・難治症状専門整体

、当院のホームページをご覧頂きありがとうございます、感謝いたします。

メディカルスペースきし院長の貴志 勇一(キシ ユウイチ)です。

ご挨拶をさせて頂きます。

私は整体師として類まれな経験をさせて頂きました。
その経験をもって、「どこに行っても治らない」「手術しかない」「今の悩みと一生付き合ていくしかない」と言われた様な、超重症患者様にも自信を持って対応できるようになりました。
また改善実績としましても、相当の実績を出せております。そうならせて頂いた経緯を今から書かせて頂きます。

かなりの長文となっておりますが、最後まで読んでいただければ、必ずやあなた様の選択肢の一つとなるはずです。
ぜひ最後までご精読頂ければ幸いです。

 

私が整体業界に飛び込んだきっかけは、大学卒業後の進路について悩んでいた時に、実の弟の様に可愛がって頂いていた、恩人からの勧めです。
当時の私の仕事観は、恥かしながらハッキリとした「こんな仕事に就きたい」というものは無く、漠然と「人様と関わる仕事で、専門的な仕事がしたい」というものでした。
そんな時にその恩人が、とある求人広告を持ってきて下さりました。
近くの整骨院の求人広告です。
「これだ!」と直感し、早速応募し、有り難い事に採用して頂きました。
ここから私の整体師としての人生が、始まったのです。


最初は兎にも角にも無我夢中でした。
そしてようやく慣れ始めた頃、ふと感じた事がありました。
「なんて治らない方が多いんだろう」と。

それからは膨大な量の専門書や文献を研究し、「いかに良くなって頂くか」を追い求める日々を、今も続けております。
そしてそこそこの技術になってきた頃に「もっと患者さんに良くなって頂く療法はないものか」と、
より良い技術を求めるようになりました。

このころの私は、たくさんの同業の先生に施術をしてもらい、その効果を自分の体で試すようになっていました。
正直、いろんなやり方の先生に施術をしてもらっていても「やはりこんなものなのかな?」と、感じていました。
そんなある日の事です。
全身に衝撃が走りました。

ただ一人別格と言いますか、別次元の先生がおられたのです。
瞬時に「この先生に教わりたい」と感じました。
そしてすぐに「弟子にして下さい」と懇願しました。
するとその先生は仰られました。
「私の技術に興味を持たれたのなら、一度院に来られますか?私の技術の全貌をお伝えしますので」

早速お邪魔させて頂き、その特殊技術の全貌を伝えて頂きました。
かれこれ20年も前の事ですが、今でも思い出すだけで鳥肌が立つくらい、センセーショナルな体験をさせて頂いた事を鮮明に覚えています。
そしてその先生は仰られました。
「私は師匠と2人でこの特殊技術を、どこに行っても良くならないような重症な方に提供し、人助けをしてきました。ただ人2人の力だと救出できる方の数はたかがしれています。ですので仲間を増やしたいと考えております。仲間になられますか?」
私は即答で2つ返事で「はい、お願い申し上げます」と申し上げました。


そこで7年間お世話になり、八光流整体術とマッスルアジャストメントという、日本に10人いないという特殊整体を教わっただけでなく、アメリカで医師をしていた師匠から「アメリカの医療、整体はこうだ。そして日本はこうだ。だから日本では治らない方が沢山おられるのだ」と、整体だけでなく、医療という大きな観点からもアメリカと日本の違いを教わりました。
教わった当時の私は、日本の医療の現状を知らなかったので、ポカーンとして聞いておりました。
また、人体に本来備わっている、一晩寝れば何でも治るという、自然治癒力の偉大さ、可能性も教わりました。
 

そしてこの後にご縁を頂き、某有名総合病院に勤務する事になるのですが、ここで師匠が仰っていた日本とアメリカの医療の違いがハッキリとしました。
整骨院時代に「なんて治らない方が多いんだろう」と感じた理由も、明確になりました。

他にも、整体師が普通では絶対経験できないであろう事を、総合病院では沢山勉強させて頂きました。

 

5年間総合病院でお世話になったのですが、途中からジレンマを感じる様になりました。「制限」です。
病院(保険診療)では、国が決めた事以外はやってはいけません。
私が学んだ特殊整体は、もちろん日本の規格外です。
規格外の技術なので、規格外の臨床結果を出せておりました。
「もう治らないと思っていました」と、涙を流しながら喜んで下さる患者様も沢山おられました。
ですが、総合病院は大きな組織です。
どうしても制限の中でせざるを得ない事が多々ありました。
その中で自然とこう考える様になりました。
「このまま病院にいても、アメリカで医師をしていた師匠から学んだ特殊技術、経験を、100%は患者様にご提供できない。ならば、病院の中にいて患者様に接するのではなく、病院の外に出て患者様に接すれば良いのではないか?」と。

最終的には、「開業して自分の院を持てば、私の唯一無二の経験と技術を、患者様の為に100%発揮できる」という結論に至ったのです。

 

そして平成26年4月に、慢性痛・難治症状専門整体メディカルスペースきしを立ち上げました。
以来、より一層重症患者様に真摯に向き合い、日々施術に取り組んでいます。
 

開業してからの実績としましては、どこに言っても治らなかった痛みやしびれの改善はもちろんですが、国が難病指定しているクローン病という腸の病気が、大腸検査の時に「これは本当に○○さんですか?患者様を間違えていませんか?」とお医者様が仰られたくらい、奇跡的な結果を出せたり、通常の病院の検査では絶対発見できないような、超極初期の大腸がんを発見したり(お医者様が「その整体の先生は、よく見つけられましたね。こんな超極初期のがんは、通常の検査では絶対見付かりませんし、ましてや手でなんて解るはずないんですが・・」と仰ったそうです)。
また他にも「もうあなたの視力は回復しません。次の車の運転免許更新は諦めて下さい」と言われていた方が、悠々と更新が出来たりと、普通ではありえない臨床結果を出せるようになりました。


もちろん現在も日々研鑽し、よりお役に立てるよう精進し続けており、「どこに行っても治らない」「手術しかない」「一生付き合っていくしかない」と言われたような重症患者様を1人でも多く救出したいという思いで、毎日の施術に取り組んでいます。

大切にしていること

自分で治せる体になる

「自分で治せる体になる」

私はこうならないと意味がないと考えます。
さもないと、整体に通い続けないといけないからです。
ただもちろん、すぐにそうなれる訳ではありません。

整体をしながら、自分で出来る痛みや不調への対処法、痛まない体の使
い方、痛んでもすぐに和らげる自然治癒力の高め方など、ご自身で出来る事が実は、たくさんあります。
ただそれは一般的な、ネット等で調べたらすぐに出てくる様なケアではありません。

また、同じ症状、例えば同じ腰痛の方でも、原因、状態は十人十色であり、お一人お一人が「自分で治せる体になる」方法は違います。

私は、前述した唯一無二の経験から、あなた様が自分で治せる体になる為に、精一杯尽力いたします。

大切にしていること

説明が8割大切

「説明8割 治療2割」

重症な方に良くなって頂くには「説明8割 治療2割」と言っても過言ではないくらい、初回カウンセリング時の説明が大切だと考えています。

それに気が付いたのは総合病院に勤務していた時です

西洋医療ではどんなに辛くても「原因不明」と言われる事があります。

また原因が解っていても、痛み止めや手術しか方法が無いと言われる事も、よくあります。
そんな時に私が、アメリカで医師をしていた師匠の教えを元に「○○さんのお体はこうなっています。なのでこうすれば良くなっていきますよ」と説明を差し上げた途端に「そうだったんですか!」となられ、先ほどまでは暗い顔をしていた患者様の表情がとても明るくなり、今まで良くならなかったお体が快方に向かう事を多々経験しました。
 
それから、説明がどれだけ大切かを研究しました。
 
すると、順調に良くなっていく方の特徴の一つに、「いかに納得のいく説明を聞く事ができたか」という特徴がある事を発見したのです。
ですので私は、初回カウンセリング時の説明はもちろんですが、都度の施術でも説明をとても重視しています。
 
良くなられた方のご感想にも「こんなに詳しく説明をしてもらったのは初めて」「もう治らないのかなと半分諦めていましたが、説明だけで希望の光が見えました」「しっかり説明をしてくれるので、安心して通院できました」といったご感想を、たくさん頂いております。

ご来院をお考えの方へ

「ご縁のあった方に幸せになって頂く」

痛みやしびれ、不調というものは、どうにか普段の生活は出来ても、著しく「生活の質」を低下させます。
痛みをこらえながら家事をしたり、仕事をしたり、趣味や旅行を我慢したり、憂鬱でうつになりそうになったり・・・
普段の生活がままならないくらいに悪くされている方であれば、尚更です。

私は、整体とは、人様の人生を変える事ができる、幸せになって頂ける手段の1つだと考えています。
普通の整骨院、特殊整体院、入院病棟、介護施設、そして慢性痛・難治症状専門整体院メディカルスペースきしとして、多種多様な患者様と接してきた中、「幸せ」を存分に感じておられない方をたくさん見てきました。

また逆に、「もう治らないと思っていました。あの辛かった頃がウソの様です」「手術しなくて済みました」「体調を気にせず好きな事が出来る様になりました。旅行にも行ける様になりました」「体調が良くなると家族にも優しく出来る様になり、私だけでなく家族みんなの笑顔が増えました」など、整体という1つの手段により、「幸せ」になられた方もたくさん見させて頂きました。

私は、1人でも多くの方に「幸せ」になって頂きたいと考えております。
その為に日々尽力し、最善を尽くす事が、私の使命です。
まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せはこちら

072-445-2455
受付時間
平日9:00~12:00 16:00~19:00
(※水曜午後休診)
土曜9:00~12:00
定休日
日曜・ 祝日

ご予約・お問合せへ

お電話でのお問合せはこちら

072-445-2455

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2022/7/9
作成中の部分もあります。
お気軽にご相談くださいませ。

患者様の声

ストレートネック・頭痛・肩こり・足のしびれ

岸和田市の臼井様

メディカルスペースきしさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

腰椎椎間板ヘルニア・腰痛・スネ/お尻の痛み

岸和田市の浦田様

メディカルスペースきしさんをお勧めします。

院長ごあいさつ

代表者名
貴志 勇一(キシ ユウイチ)

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。 

院長プロフィールはこちら

アクセス・受付時間

住所

〒596-0814
大阪府岸和田市岡山町117-5

最寄駅

JR阪和線 久米田駅より車で10分
駐車場:3台あり

受付時間
 
午前 × ×
午後 × × × ×

平日9:00~12:00 16:00~19:00(※水曜午後休診)
土曜9:00~12:00

定休日

日曜・ 祝日