MENU

病院で手術を勧められた肩の痛みが完治!岸和田で整体を受けた30代女性の口コミ

2017年6月16日

 





こんにちは、メディカルスペースきし院長の貴志です。

 

今回は、病院で手術を勧められた肩の痛みで悩んでいた方の症例を、紹介したいと思います。


 

病院で手術を勧められた肩、腕の痛みで当整体院に来る前の岸和田市30代女性


インストラクターをしている女性。退院後に職場復帰をした際にバランスを崩し、腕周りの筋肉、靭帯を痛め、病院では手術を勧められていました。病院では「腱(スジ)が断裂しているから、手術をしないといけない」と言われていたそうです。



岸和田市30代女性の病院で手術を勧められた肩の痛みの原因は?


病院では「腱(スジ)が断裂している」との事でしたが、部分断裂はあるかもしれませんが、完全には断裂していない様子でした。診断名は告げられていなかったのですが、おそらく「上腕二頭筋長頭腱断裂」との診断だと思われました(実際は断裂していなかったので上腕二頭筋長頭腱炎だと思われました)。


腱(スジ)が完全に断裂していると、腕が全く動かなくなります。この女性の場合は、痛いながらも動かすことができたので、ひどくても部分断裂という状態でした。


なぜそのような状態になってしまったかというと、職場復帰をした際、おかしな手のつき方をされたという事で、その時に肩関節を捻じっておられました。いわゆる捻挫です。その捻挫に伴い、腕まわりの靭帯、筋肉を痛めた状態でした。


さてここまでは一般論。まだまだ知っておられる先生は少ないのですが、捻挫をすると骨の歪みも同時にできるのです。この方も見事に肩関節に歪みができていました。更に、かなりの衝撃で手をつかれた様で、肘と手首まで歪みがある状態でした。また腕をかばうので、骨盤まで歪みがありました。



病院や一般の整体院が肩の痛みに行う治療は?


今回の様なケースの場合、病院だと、注射をしたり、湿布を貼ったり、痛み止めを処方されたりします。また状態がひどいと手術を勧められます。一般の整骨院、整体院では、マッサージをしたり、電気をあてたり、冷やしたり、温めたり、テーピングなどで固定をしたりします。


余談ですが、テーピングは確かに痛みは和らぎますが、歪みを整えてからしないと歪んだまま関節は固まってしまいます。また最近の整形外科では、ひどい捻挫にはギプス固定をします。この時も同様に、関節は歪んだまま固まってしまいます。歪みを整えていないと、根本的には治っていません。再発する可能性が極めて高く、俗にいう「癖になっている」状態となってしまいます。

 


30代女性の病院で手術を勧められた肩の痛みに行った当院の特殊整体法とは?


ケガをされたのは右腕でしたが、腕の歪みを整える前にまずは骨盤を整えないといけません。骨盤は体の中心です。中心が歪んだままだと、いくら腕を整えようとしても治まらないのです。ですので、まずは骨盤を整えました。


それから、手首→肘→肩関節の順番に歪みを整えました。症状のある部分は肩関節だったのですが、肩関節の周りの靭帯、筋肉を痛めてしまっていたので、なるべく負担をかけないように、症状のある部分は最後に整えました。


症状のある部分は、その部分の靭帯、スジ、筋肉に傷が付いている状態です。負担がかかるとその傷は悪化してしまいます。そうなると、治るのが遅くなってしまうのです。ですので治療をする側は、患部になるべく負担をかけないようにする事が、早期回復にはとても大切な事なのです。


肩関節の歪みが整うという事は、筋肉、スジ、靭帯にかかる負担が軽減され、血流が良くなるという事です。つまりは自己回復力(自然治癒力)が、存分に発揮される状態となります。この良い状態を維持することで、病院で手術を勧められていたこの女性の肩は治りました。


 

岸和田市、和泉市、貝塚市で、肩の手術をしたくない、整体院探しているへのメッセージ


「きし先生の施術には痛み、違和感などなく、わかりやすい説明をしてくださるので、とても安心してお任せできます。体を使う職業柄、変化や痛みにはとても敏感なので、肩が治った今も、時折体をキチンと使えているかどうか、チェックしてもらっています」


とのお言葉をいただきました!

お悩みを解決できて本当に良かったです!



肩の痛みでお悩みのあなた!気になる事、質問などがあれば、何でもお気軽にご相談くださいね。^^


 

 

  

 


※掲載記事は個人的な見解です。事例や体験談も個人の感想によるもので、効果効能を保証するものではない事をご理解ください。取扱い時は医師、または専門医にご相談するなどして、各自でご判断ください。情報の解釈については閲覧者が判断し、信頼性などについては、閲覧者の責任において利用することとします。

この記事の関連記事

こんにちは、メディカルスペースきし院長の貴志です。   今回は、ヒジの腱鞘炎(上腕骨内側上顆炎)で悩んでいた方の症例を、紹介したいと思います。   痛み止め、湿布でごまかしていた肘の腱鞘炎で、当整体院に来る前の和泉市40

こんにちは、メディカルスペースきし院長の貴志です。   今回はテニス肘で悩んでいた方の症例を紹介したいと思います。   テニス肘で当院に来る前の岸和田市40代男性 整形外科に行き、テニス肘と診断され、安静にと言われ

こんにちは、メディカルスペースきし,院長の貴志です。   今回は、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)で悩んでいた方の症例を、紹介したいと思います。   「日にち薬で治ると思ってた」ゴルフ肘で悩んでいた貝塚市60代男性 ゴ


アーカイブ

2017

こんにちは(ご挨拶)

院情報

診療案内

月:9:00〜12:30/16:00〜19:30
火:9:00〜12:30/16:00〜19:30
水:9:00〜12:30/お休み
木:9:00〜12:30/16:00〜19:30
金:9:00〜12:30/16:00〜19:30
土:9:00〜14:00/お休み
日:お休み

電話番号

072-477-2079

所在地

〒596-0814
大阪府岸和田市岡山町117-5


© 2018 岸和田で唯一のゆがみ専門院 内臓矯正、頭蓋骨矯正 メディカルスペースきし All rights reserved.